まさかそんなことが!美容師がお客様に接客されている!?

流山の訪問美容リベルタのササキです♪ 😀

流山市はゴミの分別が結構細かくわかれています。
燃える、燃えない、プラスチック、ペットボトル、
資源ごみ、危険物・・・・
かなりきちんと分けないと持っていってくれません。
すぐ隣の市ではそこまで分別指定されていないそうです。

以前私が勤めていた地域も、ゴミの分別は
ここまで細かくありませんでした。

ほぼ毎日何かしらのゴミの日。
慣れるのに苦労しましたが、地域によって
ここまでも違うんですね!!

あれれ?美容師が接客されている!?

美容師は、言わずと知れた【接客業】ですよね?
毎日何人ものお客様を接客し、おもてなしをする。
そして的確な技術を提供し、お客様に喜んでいただく。

完璧な技術だけこなしていればいいってもんじゃない。
技術と、接客。全てを合わせて美容院のヘアワークなのです。

美容師の接客は、気配りや会話がとても大切。

しかし、新人美容師のあなたのヘアワークのなかでお客様に気を遣わせて
「実は美容師の自分がお客様に接客されているのでは!?」
という、なんとも不思議な現象が起こっているかもしれませんよ。

新人美容師に伝授!
この状況はどちらが接客しているのか!?
そんな事態に陥らないための方法を教えます。

美容院のお客様の本当の気持ちを汲み取る美容師の接客とは?

お客様に気を遣わせちゃダメ

bsPAK86_kusoyarareta20140125_mini

お客様の中でも様々な方がいらっしゃいます。
その中には、お優しくて美容師にも気遣ってくださる方もいらっしゃいます。
美容師が淡々と無言で仕事をしていた場合は、お優しい性格のお客様ほど

『会話したほうがいいのかな・・・』
『私が話しを盛り上げなきゃ!』

と、思わせてしまう事もあるのです。

お客様自身も接客業の方でしたら、無意識に会話をうまく作り出す方もいるかと思います。
きっとそんな美容院のお客様からすると別に会話が苦ではなかったり。

しかし普段は会話が得意ではないお客様もいらっしゃいます。
無言という状況がとても苦手で、かといって自分が人と関わるのも苦手。
でも、この今の終始無言の状況!目のやり場にも困るし、
ずっと見てたら美容師さんもやりにくいかもしれない・・・
でも!でも!この沈黙に耐えられない!!
息が詰まって死にそうだ!助けて!ストレス!!
え~い!話を振ってみようかな!

もし、こんな事をお客様に思わせてしまうような状況があった場合。
明らかにお客様に美容師が接客されていますよね。

自分が思っている以上に【お客様に気を遣わせてしまっている事態】
というのは頻繁に起こっているものなのです!

表面だけでは分からないお客様の心

お客様の中には
『美容師さんに嫌われたくないな・・・』
『無言の時間が気まずいな・・・』
とお考えになる方もいらっしゃいます。

そんなお客様は、美容師が上手く接客できずに無言になってしまうと
『最近はどんな髪型が流行ってますか?』
というような会話をうまく誘導するように話しかけてくださいます。

気まずい雰囲気を埋めなきゃとお考えになっていたり、
嫌われているのではとお気にされて、
お客様の頭の中はグルグルと様々な想いが廻っているかもしれません。

どの様なタイプのお客様も、表面上は楽しそうにしていたとしても
『私はお客さんなのになぁ』『どうして私が気をつかわなきゃいけないの』
『なんか疲れてきた・・・』と、心のどこかで思っているかも。
丁寧に接客されるべきなのはお客様。

美容院にご来店くださるお客様側からしたら、
こんな【自分が接客してしまっている】状況を決して嬉しくは思いませんよね。
リラックスしに美容院に来ているはずが、気疲れしてもうグッタリ!
なんてことにならないように。

褒められて浮かれているだけの美容師にならないように

bsOOK863_kekkonshiki_mini

毎日の接客で、お客様の素敵なところをきちんとお客様に伝えていますか?
自分が言う前にお客様に褒められている美容師。

『いつもオシャレですよねー』
『髪型もオシャレでさすが美容師さんですよね』

お客様が褒め上手というのは実はとても多かったりします。

それに対して美容師が、『えー、そんなことないですよぉ~』
なんて照れ笑いしながらも喜んでしまっている。

これって、美容師が接客されちゃってる瞬間ですよね!
お客様を褒める前に自分が褒められちゃっている。
こんな接客じゃ絶対だめですよ!

お客様に先に褒められたら美容師であるあなたの失態です。

美容院で大切なお客様を接客する、ということは、
美容師が褒められて気分よくなっているわけにはいきません。

美容師がお客様をご満足させることが大事なのですから。

お客様は、この瞬間、この場での主人公であるべき人。
その方々を心からもてなし、喜んでいただくのが接客業のあるべき姿なのです。

【お客様に接客されるべからず】
という状況は、よっぽど美容師が気をつけなくては
美容師自身も気付かない場合があります。

美容師も褒められて、のせられて、おだてられて
気持ちよくなっている瞬間はなかなか気付かないものなんです。

誰かがお世辞を言われて喜んでいる事には客観視できて判断できますが、
自分が褒められているとただ嬉しくなってしまい気がつかない。
そんなものなんです。それが一番こわいところ。

気付かないうちに自分ばかり褒められて、自分ばかり気持ちよくなってて、
あのお客さんはいい人だなーなんて思っちゃったり。

そして知らず知らずに自分はお客様としっかりコミュニケーションを取れていると
勘違いしてしまっているが、その勘違いにすら気付かない・・・
という、恐ろしい状況になりかねません。

お優しいお客様に甘えてしまい、
お客様は喜んでいないのに自分ばかりが気分よくなった挙句
【自分は接客が上手いなぁ】なんて勘違いするような接客にならないようにしましょう!

自己満足ではなく、お客様に接客されるな!という
強い意志と信念を常に持って、たくさんのお客様を気持ちよくできるような
美容院の接客マスターになってくださいね♪

訪問美容 千葉 流山 出張カット 流山 訪問美容 訪問美容 facebook 【対応エリア】流山全般 対応エリアにない場合もお気軽にお問い合わせください!
千葉県流山市 南流山 鰭ヶ崎 流山 西平井 思井 宮園 芝崎 平和台 後平井
千葉県松戸市 横須賀 新松戸 大谷口 新松戸東 幸谷 馬橋 西馬橋幸町 北松戸 松戸
本町 千葉県柏市 向小金 豊町 名都借 末広町 埼玉県吉川市 美南 中曽根
埼玉県三郷市 早稲田 丹後 前間 さつき平 采女 幸房 岩野木 谷口 親和

流山の訪問美容リベルタ

流山 訪問美容 介護カット 出張カット

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Tel:03-6811-1185

ご予約・お問い合せ