【今さらきけない美容師の悩み!】パーマ液の医薬部外品と化粧品の違いは?

流山の訪問美容(出張カット)リベルタのササキです♪ 😀

みなさんは【願掛け】をした事ありますか?
大事な勝負時は靴を右から履くとか、試験前は必ずとんかつを食べるとか。

占いや風水はすごく信じているわけではありませんが
何かを成し遂げようとするときに行う【願掛け】は結構好きです。

絶対叶える!という強い意志の表れだったり、
途中で挫折しそうになった時に自分で決めた願掛けを思い出すと
またやる気がみなぎってくるのでオススメですよ♪

新人美容師だから知らなかった!ではすまされない

bsPAK23_husentomemo20140313_mini

毎日の営業で、先輩美容師にたくさんの事を学ぶと思います。
技術はもちろん、接客も、先輩の後姿を見て
自分も少しずつ成長していきますよね?

いつかは自分にも後輩ができ、
今まで培った技術や知識を出し惜しみすることなく
後輩に教えて育てる、という日が必ず来ます。

そんな時に【知らなかった】ではすまされない。
お客様にだってそうですが、何かを伝える、教えるということは
自分がきちんと理解していないと説明することはできません。

いつ、どんな時に、誰に突っ込まれるかもわからない。
それらを全て答えて説明できるように
技術だけでなく、様々な知識を身につけるべきです。

今日は、たくさんあるパーマ剤を
深く追求し、プロとしての知識を伝授していきます。

パーマ剤は医薬部外品

pharmacy-713706_640_mini

パーマ液は、薬事法では【パーマネントウェーブ用剤】と呼ばれます。
そして、医薬品と化粧品の中間になる、【医薬部外品】に位置づけられます。

パーマ剤は、成分や使用法によって様々な種類に分類されています。
例えば、縮毛矯正もウェーブを形成するものも、
どちらも医薬部外品のパーマ剤として位置づけられます。

コールドパーマ、加温式パーマも同じで、どちらも同じ【パーマ剤】です。

しかし、最近たくさんの種類が出てきている
【カーリング料】
システアミンやチオグリセリンなどの薬液は
薬事法で指定されている医薬部外品である【パーマ剤】
とは区別され、【化粧品】として位置づけられるため、
全く別物の扱いになりますので注意!

お客様の髪質やダメージに合わせて
医薬部外品のパーマ剤を使うのか、
化粧品のカーリング料を使うのか。
しっかりと毛髪診断をしてから使い分けましょうね!

近年の使用頻度はカーリング料がメイン

girl-410334_640_mini

かつては、医薬部外品のパーマ剤が主流でしたが、
近頃は、カラーやパーマなどたくさんの髪型を
楽しんでいるお客様が増えましたよね。
お客様の髪の毛はたくさんのダメージが
蓄積された状態。

そうなると、もうこれ以上傷ませたくないけど
またパーマをかけたい!というお客様の希望を叶えるためには
ダメージ毛に適応できるカーリング料の使用が必然と増えるということ。

そして、
2009年に《洗い流すヘアセット料に関する自主基準改定》
が実施されたのをご存知ですか?

それにともない、今までチオグリコール酸換算で2%未満に制限されていた
カーリング料の還元剤の配合可能濃度が、
7%未満へと規制緩和されました。

つまり、医薬部外品のパーマ剤に近い
化粧品部類のカーリング料が増えたということ。

そうなると、ダメージを最小限に抑えるあまり
しっかりとカールを出すことが難しかったカーリング料が改良され、
ダメージも抑えて、医薬部外品のパーマ剤に近い
カールがだせるようになったので、
美容師からしても、とても使いやすいパーマ液が
たくさん開発されて身近に販売されるようになったということです。

パーマ液の2剤は仕上がりに差が出る!

68958a830a6fadc82d8d2167e5b55a80_s_mini

パーマをかけるときに必ず使用する酸化剤。
過酸化水素(別名:過水)
臭素酸ナトリウム(別名:ブロム)
主に、このどちらかを使用しますが、
この違いをきちんと説明できますか??

過酸化水素
酸化力が高いため、化粧品での配合は禁止されています。
特徴は、
アルカリ性よりで活性化し、薬剤反応が早いため
薬剤放置時間は5~8分程度で大丈夫。

時間をかけてゆっくりと酸化させるのではなく、一気に酸化し、パーマを形成します。

そのため、ウェーブ保持力が高いのですが、
弾力が少なく、やや硬い仕上がりになる傾向があります。

臭素酸ナトリウム
酸化力が弱く、酸性よりで活性化します。
過酸化水素と違い、ゆっくりと酸化させるため、放置時間は約15分と長め。
その間にも薬液を2度づけし、しっかりと時間をかけて酸化させます。

ゆっくりと時間をかける分、弾力があり少し柔らかい仕上がりになるのが特徴です。

仕上がりの差はおもに、酸化力が強いか弱いか。この違いによって生じると考えられます。

薬剤の規制緩和によってカーリング料の還元力もアップし、
パーマデザインの幅も広がり、2液によっての違いで仕上がりにも差がでるので
今流行のゆるふわパーマなど、軽くて柔らかい質感も出しやすくなり、
お客様へのスタイルの提案も増えたということになりますね!

いかがですか?普段何気なく使っていたパーマ液。
どこのサロンにも絶対あるはずです。

パーマ液の裏をよく読んで、自分のサロンでは何をつかっているのか。
そして、この知識を生かし、お客様へ様々なスタイルの提案ができるように。

そして、後輩が出来たときにはしっかりと
教えてあげられるようなスタイリストになってくださいね♪

合わせて読みたい: 知らなかった!パーマってどれも同じじゃないの!?

訪問美容 千葉 流山 出張カット 流山 訪問美容 訪問美容 facebook 【対応エリア】流山全般 対応エリアにない場合もお気軽にお問い合わせください!
千葉県流山市 南流山 鰭ヶ崎 流山 西平井 思井 宮園 芝崎 平和台 後平井
千葉県松戸市 横須賀 新松戸 大谷口 新松戸東 幸谷 馬橋 西馬橋幸町 北松戸 松戸
本町 千葉県柏市 向小金 豊町 名都借 末広町 埼玉県吉川市 美南 中曽根
埼玉県三郷市 早稲田 丹後 前間 さつき平 采女 幸房 岩野木 谷口 親和

流山の訪問美容リベルタ

流山 訪問美容 介護カット 出張カット

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Tel:03-6811-1185

ご予約・お問い合せ