美容院のメニューで一番傷むのはどれ?

流山の訪問美容リベルタのササキです♪ 🙂
髪の毛をデザインするために、たくさんの手段がありますよね?
カットだけの施術よりもカラーやブリーチ、
ストレートパーマなどを加えれば仕上がりはワンランクアップします♪

しかし、そこで一番気になるのが髪のダメージ。
色々な薬液を髪につければ、髪が傷むのは当然です。

でも、髪の傷みを最小限に抑えて髪型を楽しむ事ができれば
いつも新鮮なヘアスタイルでいられますね!

カラー・ストレート・パーマで一番髪が傷む施術はどれ?

それぞれのメニューがどのくらい髪に負担がかかるのかを理解し、
ヘアスタイルを変更する際の参考にしてみてください♪

ストレートパーマ・縮毛矯正のダメージ

ストレートアイロン スタイリング

ストレートパーマと縮毛矯正は使用する薬剤は同じ場合もありますが
施術工程に違いがあり、仕上がりにも差が出ます。

ストレートパーマは主に、ウェーブを落としたり
ボリュームを抑えるために行われる施術です。

アイロンを使って伸ばすものではないため、ダメージは多少
和らぎますが髪質によってはクセが残ります。

反対に縮毛矯正の場合はアイロンを使って根元からしっかりと
クセを伸ばす技術になりますので、仕上がりは
まっすぐサラサラになりますが髪の毛への負担は大きく
ダメージが残ります。

また、一度縮毛矯正をかけても再び根元からクセ毛が伸びてくると
うねりや広がりが戻ってくるため矯正を繰り返す方がほとんど。

年に2回、3回と頻度は少ないものの、
1度の施術で負担の大きい矯正を繰り返すことによって
ダメージがどんどん蓄積されていきますので
毎日のトリートメントやヘアケアが必要不可欠です。

ストレートパーマより矯正の方が髪の傷みは進行しますが
今は優しい薬や、なるべく傷ませない施術方法など
様々なやり方でダメージを軽減させることができるようになってきました。

ダメージや髪の傷み度合いを比べると
1位 縮毛矯正
2位 ストレートパーマ
の順番になります。

参考:今さら人には聞けない!?ストレートと矯正の違いとは

コールドパーマ・デジタルパーマのダメージ

コールドパーマ

特に加温したりせずに根元からふんわりとしたウェーブを
作れるのがコールドパーマです。

髪の長さを問わず、ショートでもロングでも
コールドパーマをかけることができます。

髪質やデザインを考慮してパーマを巻いて薬をつければ
ボリュームのある綺麗なカールがつきます。
薬剤の負担はかかりますが、一気に髪がバサバサになるリスクはとても低いです。

反対に、デジタルパーマの場合はパーマ液もやや強め。
そしてウェーブを形成する工程で必ず加温していきます。

コールドパーマよりももちがよく、ゆるいウェーブが作りやすいので
ここ最近ではほとんどのパーマデザインをデジタルパーマで
作ることが増えてきました。

パーマがかかりにくい人への髪質にもアプローチしやすい
メリットがあるのでデザインの幅も広がってきたのは事実ですが
薬剤も強めで熱処理も加われば毛髪への負担は一目瞭然。
繰り返しデジタルパーマをかければ枝毛や切れ毛が増える事もあります。

ダメージ度合いを比べると
1位 デジタルパーマ
2位 コールドパーマ
の順番になります。

参考:知らなかった!パーマってどれも同じじゃないの!?

カラー・ブリーチのダメージ

カラー かぶれ

細かく言うとカラーにも種類があり、染料の違う
ヘアカラーとヘアマニキュアがあります。

色持ちや発色などの仕上がりに違いがあるものの、
繰り返し髪を染めてもいきなりボロボロになったりするわけではなく
自宅で毎日ヘアケアを心がければ何度もカラーを楽しむことができます♪

染める色味の種類が豊富なので手軽に雰囲気を変えることができるのは
嬉しいですよね!

学校や会社の規則が厳しい人達を除けば、髪を染めている方がほとんど。
お客様の平均で言えば2、3ヶ月に1度は
カラーをしに美容院に行く人が多いです。

反対に同じカラーリングの分類ではあるものの、
脱色の力がとても強いブリーチはとっても傷みます。

黒髪の色素を短時間で抜いてしまうほど威力のあるブリーチは
ビビットなカラーや若者に人気の透明感ある色味を出すことはできますが
最悪の場合、ブチブチと切れてしまったり
髪の毛が溶けてしまうほど強い薬剤です。

一度ブリーチ毛になってしまえば、元に戻す事は容易ではありません。
その後のパーマや矯正などの施術は断られることが多く、
ヘアスタイルを変えたくても変えられない!
ということにもなりかねません。

やりたい髪色のために選択したブリーチも
後々のケアがとても大変なので安易に脱色することはおすすめしません。
しっかりとリスクを理解した上で施術する必要があります。

ダメージや髪の傷み度合いを比べると
1位 ブリーチ
2位 ヘアカラー
の順番になります。

参考:ヘアカラーとヘアマニキュア、どこがどう違うの?

ブリーチ・パーマ・矯正 どれが一番傷む?

シャンプー ダメージケア

それぞれのジャンルでダメージの度合いを比べてみましたが
その中でも一番髪が傷むと思われる施術メニューは
どれになるんでしょうか?

長年お客様の髪を触って診断してきた結果
私なりの判断で髪が傷みやすい順位をつけるとするならば

1位 ブリーチ
《理由》
根元から毛先まで一気に色素を抜くことによって
毛髪内部の細胞までもが損傷します。
その後のカラーやパーマ等の施術に悪影響を与え
長い期間スタイルチェンジがしにくくなるため
ブリーチした事を後悔してしまうこともしばしば・・・。

2位 縮毛矯正
《理由》
クセが強ければ強いほど薬剤の刺激も強く、
高温のアイロンでプレスしてクセを伸ばすため
髪を一発で傷める行為になります。
根元からまた新しいクセ毛が生えてくれば
繰り返し矯正をかけるので、ダメージは増す一方。

3位 デジタルパーマ
《理由》
薬液をつけて、熱を当てる工程は縮毛矯正と似ていますが
矯正と違って繰り返しパーマをかけるのか休ませるのかは
コントロール次第。しばらくパーマスタイルを楽しんだ後に
再度パーマをかけるかどうかは髪の状態によって判断する事が
できるため、髪を傷ませないデザインを楽しむ事ができます。

科学薬品を髪の毛にのせるという時点で
ダメージや髪の傷みが生じる事は同じですが、
やり方や工程で多少の傷み具合は変わってきます。
しっかりと美容師さんと相談しながら
たくさんのヘアスタイルを楽しんでくださいね♪
流山の訪問美容リベルタのササキでした♪ 🙂

美容師ササキの一言コラム

暑くなると冷たい麺がたべたくなりますよね?
普段からそばよりもうどん派の私は、最近『手振りうどん』
という商品にハマっていて、週の半分はこのうどんを食べています。
どこのスーパーでも売っていて気軽に購入できるのですが
他のうどんと比べてツルツル感とコシが違う気がする!
そうめんよりもやや太めで普通のうどんよりは細い。
このちょうどいい太さもお気に入りです。
あなたははそばとうどん、どちらが好きですか?

訪問美容 千葉 流山 出張カット 流山 訪問美容 訪問美容 facebook 【対応エリア】流山全般 対応エリアにない場合もお気軽にお問い合わせください!
千葉県流山市 南流山 鰭ヶ崎 流山 西平井 思井 宮園 芝崎 平和台 後平井
千葉県松戸市 横須賀 新松戸 大谷口 新松戸東 幸谷 馬橋 西馬橋幸町 北松戸 松戸
本町 千葉県柏市 向小金 豊町 名都借 末広町 埼玉県吉川市 美南 中曽根
埼玉県三郷市 早稲田 丹後 前間 さつき平 采女 幸房 岩野木 谷口 親和

流山の訪問美容リベルタ

流山 訪問美容 介護カット 出張カット

コメントは利用できません。

Tel:03-6811-1185

ご予約・お問い合せ