カラー前の正しいパッチテストのやり方を知っていますか?

流山の訪問美容リベルタのササキです♪ 🙂
あなたは【パッチテスト】をご存知ですか?
ヘアカラーをする前に必ず推奨されている、皮膚のアレルギーテストの事です。

みなさん一度は聞いた事があると思いますが、
やった事がある人はきっと少ないはず。

美容院でカラーをしに行ってもパッチテストをしていない事がほとんど。
アレルギーの有無は聞かれることがあっても
パッチテストだけをしにサロンへ行く人はあまりいないのが現状です。

市販のカラー剤などには必ず記載されていますが
正しいやり方を知っている人はどのくらいいるのでしょう?

正しいパッチテストのやり方や方法は?

美容師だけが理解するのではなく、
パッチテストは誰しもが知っておくべき方法です。

パッチテストって何?

3208368220_6131694875_b_mini

パッチテストとは、アレルギー反応があるかどうかを確かめるために
ヘアカラーをする前に行うテストの事です。

自分にアレルギーがないと思っている人でも
ヘアカラーのかぶれはある日突然やってきます。

アレルギーというのは環境や、生活習慣、年齢や様々な要因での
体質変化によって発症します。

例えば、
『今まで何ともなかったけれど引越しを機に花粉症になった!』
というのも突然のアレルギーの1つ。

ですから、パッチテストは1度やれば大丈夫!というわけではなく
ヘアカラーをする度に毎回行わなければなりません。

面倒臭いと思う気持ちもよくわかりますが、自分の身は自分で守る!
そして、自身の体の変化にいち早く気づく事で悪化を防ぐ事ができます。

パッチテストはごく少量のカラー剤を、目立たない腕などに塗って
炎症が起こるかどうかを観察します。
人によってはアレルギー反応が出るまでの時間に個人差があり
しっかりと見極めるために48時間を要する検査になります。

『うわー!2日もかかるのか!!』とガッカリしないでください。
多少面倒ではあるものの、病院でおこなう検査と違って
非常に簡単でありながらも自分でできるパッチテストは
とても有効であり、確実なアレルギー検査です☆

パッチテストはどうやるの?

パッチテスト やり方

『今すぐ髪の毛を染めよう!』と思ってからパッチテストを始めても
きちんとしたアレルギー検査はできません。

テストに要する時間は48時間。
2日前にテストをしてから髪の毛を染める必要があります。

そのため、思いつきでのカラーリングや
衝動にかられた行為はアレルギー検査ができないので
余裕を持って計画してからヘアカラーをする必要があります。

《準備するもの》
・実際に染めようと思っている薬剤
主に1剤と2剤があるのがヘアカラーの薬剤です。
最近商品が増えてきた泡タイプのものもパッチテストが必要です。

・綿棒1本
テスト用に薬剤を混ぜたあと、皮膚に塗る際に使用します。

・薬剤を混ぜるための小皿
どんなものでもかまいません。サイズは小さいもので十分です。

《パッチテストの方法》
1. まずは使おうとしているカラー剤を小皿に少量出す

この時に、それぞれ指定した割合を出すようにしてください。
カラー剤によっては【1剤:2剤=1:1】または【1剤:2剤=1:2】など
薬品によって調合の仕方が違います。

厳密な分量でなくていいですが、定められた割合に合うように
意識して小皿に取り出しましょう!

2. 小皿に出した薬剤を綿棒で混ぜる

新しい綿棒を使って、薬剤をしっかりと混ぜ合わせます。
1剤だけ、2剤だけが残らないように気をつけてください。

3. テスト液を皮膚の柔らかい所に塗る

一番塗りやすく、自分でも確認しやすい所から、
二の腕の裏側がパッチテストをするのにふさわしい場所です。

綿棒で腕の裏側に10円玉程度の大きさに薄く塗っていきます。
この時に、たくさん塗り過ぎないよう注意してください。

塗った後に自然乾燥していきますが、塗りすぎた場合は
なかなか乾かなくなり、正しいテストができません。

30分以上放置しても完全に乾ききらない場合は
コットンかテッシュペーパーを使って擦り取らないよう、
やさしく抑えるように余分な薬剤を取り除きます。

4. アレルギーチェックは2回!

アレルギー反応には、薬剤を塗った直後に起こる【即時型】
時間の経過とともに起こる【遅延型】があります。

アレルギーには体調や体質によってもかなり変わるため
より確実な結果を求めるために2回チェックする必要があるんです!

テストするタイミングは、皮膚に薬剤を塗ってから30分後と
最終段階の48時間後。

基本的には24時間経過して反応がなければ大丈夫とされていますが
人によっては反応が遅いこともあるため
医師や薬剤メーカー等からは念を押して48時間が推奨されています。

薬剤を塗ってから放置時間を問わず、皮膚に発疹、かゆみ、刺激等の
異常が見られた場合はすぐに洗い流してください。
これはアレルギー反応によるものになるため
ヘアカラーも絶対にしないよう注意してくださいね!

カラー剤を塗布した48時間後に発症する遅延型アレルギーは
もっとも強い反応として現れます。

《接触皮膚炎》の症状が出てしまった場合は
月日が経ったとしても再度アレルギー反応が出てしまうため、
カラーリングができない体になってしまいます。

ご自身がアレルギーということを認めずに
我慢しながらセルフカラーをすることもできるかもしれません。
または、美容院でアレルギー症状を隠して
ヘアカラーをお願いすることも可能かもしれません。

ですが、頭皮から炎症が広がり、全身に発疹が回ってしまえば
取り返しのつかないことになる場合もあります。
一度発症したアレルギーは治らず、
一生上手に付き合っていくほかありません。

薬剤やメーカーを恨む、もしくは施術した美容師を恨む事になる前に
きちんと自分と向き合う必要があります。

市販の薬剤全てにはパッチテストを必ず行うよう記載されています。
美容院でのパッチテストを強制していない習慣は
見直さなくてはいけない問題かもしれませんね。

流山の訪問美容リベルタのササキでした♪ 🙂

美容師ササキの一言コラム

海が大好きです。毎年必ず海に行きます。
いい年してはしゃぎすぎかな・・・なんて毎回思いますが
夏が大好きなのでやめられません。
日本の海では伊豆の白浜か、沖縄がお気に入り。
海の家ではいつもラーメンかカレーで迷います。
暑い時に暑いもの!どうしてなのかはわかりませんが
あの潮風を感じながら食べるラーメンは最高ですよね!
普段だったら絶対食べないであろう質素なクオリティーの料理でさえ
海では『うまい!うまい!』と感動して食べてしまいます。
今年の夏はどこに行こうか、今からワクワクしながら計画中♪
海開きが楽しみです!!

訪問美容 千葉 流山 出張カット 流山 訪問美容 訪問美容 facebook 【対応エリア】流山全般 対応エリアにない場合もお気軽にお問い合わせください!
千葉県流山市 南流山 鰭ヶ崎 流山 西平井 思井 宮園 芝崎 平和台 後平井
千葉県松戸市 横須賀 新松戸 大谷口 新松戸東 幸谷 馬橋 西馬橋幸町 北松戸 松戸
本町 千葉県柏市 向小金 豊町 名都借 末広町 埼玉県吉川市 美南 中曽根
埼玉県三郷市 早稲田 丹後 前間 さつき平 采女 幸房 岩野木 谷口 親和

流山の訪問美容リベルタ

流山 訪問美容 介護カット 出張カット

コメントは利用できません。

Tel:03-6811-1185

ご予約・お問い合せ