猫っ毛や髪の毛がサラサラすぎる!そんなあなたの為のヘアアレンジ方法

流山の訪問美容(出張カット)リベルタのササキです♪ 😀

寒いのが本当に苦手です。
夏はアクティブに、機敏に動けるのですが、
この時期になると冬眠の熊のように外出も極端に減ります。
特に、日が落ちて寒さが増す夕方。
夕飯の買い物も億劫になります。
この季節は断然まとめ買い!
流山は今日も寒い!

髪の毛がサラサラしすぎてまとまらない!

bored-16811_640_mini

大好評のLINE@サービス。
思ってた以上に反響があり色々質問を頂いています☆
今回はその中からピックアップ!

やはり、髪質は十人十色。
みなさんそれぞれ悩みを抱えていらっしゃるようですね!
今回はLINE@に寄せられた美容に関する相談をご紹介!

【髪の毛がサラサラしすぎて、時間が経つとすぐに
ゴムがスルスルと落ちてきてしまいます。
自分でアレンジをしようと思っても手から髪が落ちてしまいます。
ツルツルする髪の毛を上手く束ねる方法、
ヘアアレンジをしやすくなる方法、
キープする方法はないでしょうか?】

と、ご質問をいただきました。
これも髪質の悩みの1つで、よくご相談を頂く内容になります。
今日は同じような髪質で悩んでいる方々へ
上手にアレンジする方法を伝授いたします!

髪がサラサラでうらやましい!?

pretty-woman-635258_640_mini

髪の毛がサラサラしているというのは、とても羨ましい魅力的なことですよね。

しかし、こういった髪質の方の場合。
一般的に多いのが【直毛】の方。

ストレートに髪を下ろす分には問題ないのですが、コテで巻いたり、パーマをかけても
すぐストンと落ちてしまう。

今流行りのゆるふわなアレンジやパーマスタイルもなかなか上手く出来ない髪質で、
巻いても時間が経つとまっすぐに。パーマをかけても1日でとれちゃった。

クセをつけることが難しい髪質の1つなんです。
そうなると、やはり自分でなんとかアレンジしてみようと
朝、時間をかけて頑張っても、1日が終わる頃には元通り。
【あの朝の苦労した時間はなんだったの!?】
と泣きたくなりますよね。

直毛の方によくあるお悩みの1つでもあります。

サラサラすぎる髪質のタイプ

daughter-838986_640_mini

サラサラしすぎるタイプとして【直毛】を挙げましたが実はもう1つあります。

髪が柔らかくて、細い。
いわゆる【猫っ毛】といわれるタイプ。

直毛以外でも、こういった髪質の方はまとめたり、アレンジしたりするのに一苦労。
やはりパーマもかかりにくい傾向がある髪質の1つです。

一番わかりやすい例で言えば、
【子供の髪の毛】

小さいお子様がいらっしゃるお母さんであればよくおわかりかと思いますが、
娘が幼稚園に行くときに結んであげる。
サラサラしていてすぐ崩れる。
うまくまとめるのが難しい!

お子様の髪の毛はとても柔らかく、
そしてダメージもほぼなく、とってもサラサラしています。
もちろん大人でも猫っ毛の髪質の方たくさんいらっしゃいます。

きっとこういったタイプの方々もふわっとしたアレンジや、パーマがかかりにくく
悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

髪の毛を上手く束ねる方法は下地作り!

サラサラすぎてしまう髪の毛を上手くアレンジする方法は
やはり下準備が重要です。

アレンジしやすい髪質の方も同様、
やはりしっかりコテで巻いてからまとめてあげる。

カールのついた髪というのは
髪の毛同士がほどよく絡まり、よりアップしやすい状態になるからです。

しかし、直毛またはネコっ毛の方からすると
そのカールでさえうまくクセ付けすることが出来ないのが悩み。
巻いても巻いてもすぐとれてしまいますよね?

そこで必要なのが【カールローション】です!
オシャレ女子では定番。
聞いたことある方も多いのではないでしょうか?
コテで巻く前にシュッと髪の毛に吹きかけてから
巻いてあげると、コテの熱に反応して
しっかりとした巻き髪を作るサポートをしてくれます。

カールローションというのは水分ですから、毛先を中心にしっかりと吹きかけると
髪は濡れた状態になります。

その濡れた状態のままコテで巻こうとすると
髪の毛がジューッと焼けてしまいますので、
カールローションをつけてから一旦ドライヤーで乾かす。
そこからコテで巻いてあげる。
このひと手間がしっかりとしたウェーブをクセ付ける一番の近道です。

アレンジがしやすくなる方法は?

demonstration-425278_640_mini

実は、ヘアアレンジというのは
多少傷んでいる髪の毛のほうがやりやすかったりします。

傷みすぎもよくないのですが、若干ダメージのある髪の毛というのは
絡まりが生じ、髪をまとめるときに扱いやすくなるのです。

かといって、元々生まれながらにして
サラサラな髪質をわざわざ傷ませるのももったいない!
ヘアアレンジしたいがために、わざと髪をいじめる必要はないと思います。

ですが、やはりサラサラしすぎてまとまらない、
という原因を取り除く方法はスタイリング剤でカバーするのが一番!

何も髪に付けないでまとめようとすると
上手くいかない方がほとんどです。
ただし、そのスタイリング剤選びが重要!!

ハードスプレーで固めすぎてしまえば、まとめるのにも一苦労。
下処理として使えるスタイリング剤はワックスがオススメ。

そのワックスも、サラサラツヤツヤしてしまう方には
キープ力の強いハード系のワックスを選んでください。

ロング、ミディアム、髪の長さに関わらず髪がパラパラと落ちやすい人ほど
しっかりとしたホールド力のあるスタイリング剤が必要不可欠になります。

髪の毛をまとめるときには全体にワックスを揉み込んでからアレンジしてみてください。
何もつけなかったときよりも多少のベタつき、
若干のゴワつきが、より扱いやすくしてくれます。

髪の毛を固める、というよりも
擬似的に髪を傷める、汚す、という感覚です。

ワックスというのは手にとって、よく伸ばしてから髪の毛にのせていきますよね?

ワックスを使い慣れない方からすると、ベタベタしてやりにくい・・・と思いがち。

今では様々なスタイリング剤があふれています。
スプレータイプのワックスや、直接髪につけられる固形タイプ。

固形の【まとめ髪専用スティック】は、襟足や頭の頭頂部の短い毛
(いわゆるアホ毛といわれるピンピン立ってしまう短い毛)
にも直接塗りこむことによって押さえることができて便利♪

髪質が太く、しっかりしている直毛さんタイプは
ハード系のムースでもかまいません。
ベタつきやすいワックスよりも泡ででてくるムースは
髪全体になじませやすいですよね!

ですが、ネコっ毛の方には注意。
ムースというのは水分が多く含まれているセット剤です。
ネコっ毛は元々ペタンと潰れやすい性質が。
そこで水分の多いムースをつけるとさらに髪の毛が
ウェット状態になり、潰れやすくなりますので、
ボリュームが出にくい方はムース以外をオススメします。

手に直接取って伸ばして使うワックスが苦手な方は
こういったスタイリング剤もあるので探してみてくださいね!

ヘアアレンジをキープする方法は?

clips-515516_640_mini

しっかりと下処理をして、上手くまとめられればこっちのもんです!

なんとか作り上げたヘアアレンジを1日持たせるためには
仕上げにハードスプレーを全体に吹きかけて固めてあげましょう♪

アレンジスタイルにもよりますが、ピンを使う場合【ヤナギピン】というのがあります。

ピンにも様々な種類があり、使用用途によって使い分けるのが私たち美容師の仕事!

ヤナギピンはピンの中央がしっかりと閉じた形状をしているのが特徴。
特に細くてネコっ毛の方にオススメで
髪がこぼれることなく、しっかりと留めることができるヘアピンです。

髪が短い。どうしてもおくれ毛が出てくる。
そういった方にはこのヤナギピンをオススメします♪

そして、直毛さん・ネコっ毛さんのお悩みとしては
しっかりゴムで結んでも、時間の経過とともにスルスルと
落ちてきてしまう!!というのが最大のお悩みかもしれません。

ヘアアレンジまではしないまでも、ちょっとまとめて結びたいだけなのに
髪がサラサラとしすぎていてゴムがしっかり固定されない。

これはもう気になって仕方ありませんよね!
この場合、つかっているゴムを見直してみましょう。

定番のヘアゴムというのは髪の毛が絡まったりしないように
もともと滑りやすくできています。
そこで、髪質が滑りやすい方が使用した場合、
やはりゴムの強度としては弱く、
時間の経過とともにスルスルと下に落ちてきやすいです。

そこでオススメなのが、シリコン製のヘアゴム。
今では100円ショップでも売られていますし、
カラフルなものまであります。

猫っ毛 ヘアアレンジ ヘアゴム

小さいお子さんのほとんどはこのシリコンゴムを使っているのではないでしょうか??

サラサラした子供の髪でも落ちてきにくい。
ということは、大人の髪にだってもちろん使えます。

ただし、シリコンゴムは若干小さめ。
子供の毛量は少ないので、ゴムの直径が短くても難なく結ぶことは可能ですが、
大人の髪の毛は、やはりボリュームも出てきますし
子供より太くなってしまう傾向があります。
そんな時は、そのシリコンゴムを2重にして使ってみてはいかがでしょう?

より強度が増し、普通のヘアゴムよりも落ちてきにくくなります。
色も、子供と違ってカラフルなものよりも
黒や茶色。シンプルなものまでバリエーション豊です。

普通のゴムも何度も何度も繰り返し使っていれば
ゴムは伸びてきてしまいますよね?
シリコンゴムも同様、一般的ヘアゴムよりも
若干劣化が早いため、ゴムが伸びてしまいやすいのが難点。

しかし、たくさんの量が入ってまとめて販売されていますので
ゴムが伸びきる前に新しいものに取り替える。
ちょっとした工夫で、いつでもゴムがとれにくい状態になるはずです。

いかがでしょうか?
今回は髪の毛が直毛、もしくはネコっ毛の髪質の方のお悩みで
上手くヘアアレンジする方法をお伝えしました!

また、様々なご質問があればこれからもわかりやすく解説していきたいと思います♪

直毛・猫っ毛さんのヘアアレンジまとめ

・直毛・猫っ毛はコテで巻いたり、パーマをかけてもすぐストンと落ちてしまう
・カールのついた髪は髪の毛同士がほどよく絡まり、よりアップしやすい状態になる
・カールローションをつけてから一旦ドライヤーで乾かし、コテで巻く
・ヘアアレンジというのは多少傷んでいる髪の毛のほうがやりやすい
・ホールド力のあるスタイリング剤をつけてから髪をまとめる
・髪の毛を固める、というよりもスタイリング剤で擬似的に髪を傷める、汚す
・細くてネコっ毛の方はヤナギピン
・シリコン製のヘアゴムがおすすめ

流山の訪問美容(出張カット)リベルタのササキでした♪ 😀

訪問美容 千葉 流山 出張カット 流山 訪問美容 訪問美容 facebook 【対応エリア】流山全般 対応エリアにない場合もお気軽にお問い合わせください!
千葉県流山市 南流山 鰭ヶ崎 流山 西平井 思井 宮園 芝崎 平和台 後平井
千葉県松戸市 横須賀 新松戸 大谷口 新松戸東 幸谷 馬橋 西馬橋幸町 北松戸 松戸
本町 千葉県柏市 向小金 豊町 名都借 末広町 埼玉県吉川市 美南 中曽根
埼玉県三郷市 早稲田 丹後 前間 さつき平 采女 幸房 岩野木 谷口 親和

流山の訪問美容リベルタ

流山 訪問美容 介護カット 出張カット

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Tel:03-6811-1185

ご予約・お問い合せ